hirosima4

広島に移住するなら呉市がベスト

t.sさん 男性 (広島県在住)

広島へ移住を考えているのならば呉市が一番ベストだと断言できます。

呉市は広島県の南西部にある都市で、海運で栄えてきた街です。

 

あの有名な戦艦大和(やまと)もこの呉にある基地から出撃し、現在も海上自衛隊の基地が存在します。

基地があるなんて少し怖い」と思ったあなた。呉市は実は隠れた魅力満載の町なんです。少しずつ紹介したいと思います。

 

まず、広島市に近いというメリットがあります。JRに乗って30分で広島市内に出ることが可能なので、週末に都市部に遊びにいきたいという人には申し分ありません。

日常生活は海と山に囲まれた呉で過ごし、週末は広島市の都市部に遊びにいくという理想的な生活が享受できます。

 

また、呉市自体にもショッピングセンターが数多くあります。「ゆめタウン呉」「ポポロショッピングセンター」など大型のショッピングセンターが数多くあり、駅前にも「クレスト」などがあります。

日常生活には差し支えないというより十分すぎるぐらいの施設があります。

 

次に、病院の数が結構揃っているということです。

大きいところだと「呉共済病院」や「呉市医師会病院」があります。

小児科のクリニックも大体40件超ありますので、お子様とともに引っ越す場合も安心です。

 

そして、食べ物が大変おいしいです。

流石に瀬戸内海に近い事もあって海産物、特に牡蠣(カキ)は美味です。

ちりめんやタチウオなども名産品ですが、実は山も近いこともあってミカンやレモン、ネギやトマトなども名産として親しまれているのです。

 

気になるのは治安ですが、心配することはそれほどありません。

確かに昔は基地や海運工場などの労働者の町として治安が不安視されたのですが、近年は再開発により子育て世代も増えており、危ない雰囲気は全く感じません。

 

呉市は、海や山などの自然に囲まれ、広島市の都市部にも近く、ショッピングもでき病院もあり、そして食べ物も旨いというすべてを兼ね備えた都市としてぜひおすすめしたい街です。

広島県に住むならここがオススメ

h.pさん 20代後半男性 (山口県在住)

中国地方の中心部でもある広島県、魅力的な観光スポットやグルメや瀬戸内海の大海原の自然と都会と自然が調和している都道府県の一つと言ってもいいでしょう。

 

そんな広島県にもしも引っ越すことになったら何処に住もうか考えた事はありますか?

もしもまだと言うならば「広島市」をお勧めします。

広島市は広島県の中心部、この街の魅力は沢山ありますがその中でも際立って目立つのが

 

・1945年8月6日人類史上初めて核兵器「原子爆弾」が投下されその傷跡が痛々しく残しながらも広島の復興と発展を半世紀以上見守って来た「原爆ドーム

・広島の街を走る路面電車「広島電鉄」、今年で生誕75周年を迎え原子爆弾投下により一時的に壊滅状態になるも僅か3日後には一部区間ながらも市民の足として蘇り今日も元気に市民の足として走り続けています。

・同様に広島市市民の足とも言える広島高速交通広島新交通1号線、広島県民からは「アストラムライン」の愛称で1994年より運行が開始され現在では市民の足には欠かせない存在となりました。

・野球ファンでなくても広島東洋カープの本拠地である野球場「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」通称マツダスタジアムの設置

 

かつては「広島市民球場」が原爆ドーム近くに作られ半世紀以上に渡って広島カープの選手やファンを苦楽を共にしてきましたが現在は老朽化により解体され本拠地の座はマツダスタジアムに譲りましたがそれでも広島市民には忘れられない街の思い出として今も記憶に残り続けるでしょう。

 

現在跡地には各種イベントが行われ季節を問わず盛り上がりを見せています。

 

この広島市の平均家賃相場は広島市でも中心部になる中区とその近辺である東、西、南区は約4~5万円台と少々お高めですが逆に少し郊外の安佐北区や安佐南区、佐伯区になると約3~4万円と中心部よりは少しお安めの物件に恵まれています。

広島市ならば日常生活に困らない程交通網に恵まれているので広島県への引っ越しの際は選んでおいて損はありません。

 

最後に広島県の物件とは違い少々本題からズレてしまいますが広島県は中国地方の中心部ではあるもののメディア関係、特にテレビ東京系の番組の本拠地は岡山県のテレビせとうちにあります。

早い話がテレビ東京系の番組は同時ネットどころかテレビ局が広島県には無いのでも週遅れは勿論中には放送されてない番組もあります。

テレビ東京系で視聴をしている番組があるならば広島県に来たら見れない、見れても週遅れになる事は覚悟しておいて下さい。

広島に住むなら、広島市安佐北区と広島市安芸区、この2つの区がお勧めです

広島市の中でもっとも家賃が安い場所と言えば、それは広島市安佐北区(あさきたく)です。

 

この区は、広島市の中でも家賃相場が安い場所として有名で、他の区と比べて、1万円~1万5千円ほど安いです。

これは、広島市の近隣にある市町村と比べても安いので、家賃の安さを追求するなら、広島市安佐北区に住むとよいでしょう。

 

ただし、この安佐北区にはひとつ弱点があります。

それは、広島の都心からやや離れた場所にある区だという点です。

(特に区の北部は山の中にあるので、都心から離れているだけでなく、住むのに非常に不便です)

 

区南部から広島駅まで、電車で40分~50分かかるところにあるので、利便性という点では他の区に比べて一歩劣ります。

ですので、利便性を重視する人にとっては、あまりお勧めできません。

 

では、家賃の安さより利便性を重視する人はどこに住めばいいのでしょうか。

 

それは広島市安芸区(あきく)です。

この広島市安芸区は、広島市安佐北区より家賃相場が6千円ほど高いですが、利便性は比べ物にならないほどよいです。

 

区内から広島駅まで、電車で十数分あればいけるので、通勤や買い物の面で大変便利です。

ですので、便利な場所に住みたいなら安芸区に住むとよいでしょう。

 

まとめると、広島に住む場合、家賃の安さを重視するなら広島市安佐北区に、利便性の良さを重視するなら広島市安芸区に住むとよいです。

どちらの区も一長一短あるので、通勤時間の長さと財布のゆとり、どちらを優先するかで住む場所を決めるのがいいでしょう。

とにかく便利な広島市中区がお勧め

広島県の中心は何といっても広島市中区(なかく)です。

ここには有名な商業施設やショッピングモール、そして家電店が立ち並ぶ「紙屋町(かみやちょう)」があり、買い物に不便することはありません。

また観光名所として有名な平和記念公園や広島城も近くにあるために、友人や親戚が訪ねて来た時に案内することもできます。

 

そして車を所有していなくても路面電車が走っているために、移動を楽に行うことができます。

この路面電車は街中を頻繁に運行していますし、運賃も安いためにお勧めです。

 

また紙屋町からそれほど遠くないところには「流川(ながれかわ)」という地区があり、ここにはたくさんの飲み屋が存在します。

そのためお酒が好きな人は、この場所を訪れることができます。

 

またここは初夏の「とうかさん」や初冬の「えべっさん」といった広島を代表する祭りがおこなわれる場所でもあります。

そのため祭りの盛り上がりを体感したいという人にもお勧めの場所です。

 

これだけ便利で活気のある場所なので、家賃が高いのではないかと心配なさるかもしれません。

確かに場所によっては高級なマンションなどが存在し、そのようなところの家賃は非常に高いものとなっています。

 

それでも一人暮らし用のワンルームマンションやアパートであるなら、非常に安い家賃で住むことができます。

中には2万円以下で住めるところもあり、それでいてオートロックのマンションも存在します。こ

 

のようなところですと、女性の一人暮らしでも安心できます。このように広島市の中区は非常に住みやすい場所となっています。

広島に初めて住むなら安佐南区が断然オススメです

これから広島県に引っ越す人にとって、重要となるのが住む場所です。

右も左もわからない場所に移住するのは大変ですから、事前の情報収集が欠かせません。

 

まず広島県において都会と呼ばれる市は広島市(ひろしまし)と福山市(ふくやまし)ぐらいですので、住む場所としてはこの両市のいずれかを選ぶのが賢明です。

 

職場が岡山の倉敷市に近い場合や、四国の香川県に行く用事のある方は福山市が便利ですが、そうでない方はまず広島市を選ぶのが無難です。

 

広島市内でもいくつかの区に分かれていますが、活気があるのは安佐南区(あさみなみく)でしょう。

 

広島市の区でも最も人口が多く20万人を超える規模となっています。

地方都市としては普通の規模ですが、公共のサービスや医療・教育機関も充実しています。また若年層の人口割合も多いため、広島県内では有数の元気な街となっています。

 

安佐南区に住む場合は、できるだけ南に位置する物件を探すことをオススメします。

なぜなら交通の拠点である山陽本線の広島駅が近くなるからです。

 

それならば広島駅周辺に住めばいいと思われるかもしれませんが、広島駅周辺は家賃が高くなるので生活費が高くなってしまいます。

それならば安佐南区に居住して、広島駅周辺に用事があるときは可部線(かべせん)などを利用して出かければ問題ありません。

 

特に人気のあるのは可部線の下祇園駅などで、大型ショッピングモールであるイオンがあるため、近くに住めば買い物に困ることはありません。

家賃は駅から離れるほど安くなる傾向があるため、安く済ませるなら最寄り駅から徒歩10分以上離れた物件に当たってみると良いでしょう。

広島に住むならここが良い!あなたに合った街はきっとここにある!

広島は穏やかな瀬戸内海に面した地域で、海と山の自然が身近に感じられるとても住みやすい町です。

気候も良く、美味しいものもたくさんあります!

 

原爆ドームや厳島神社などの世界文化遺産もあり、観光にも持ってこいの街です!

そんな広島のおすすめ地域をいくつか紹介させていただきます。

 

都心部希望の方は、福山市(ふくやまし)がおすすめです。

交通の利便性が良く、大手百貨店やショッピングモール、野球場などのレジャー施設が多数あります。

 

また、新幹線も通っているので、大阪になら二時間もかかりません。電車やバスはもちろんのこと、路面電車もあるので車がなくても困ることはありません。

家賃で言うと、やはり他の地域よりは高いです。

 

次におすすめするのは尾道市(おのみちし)です。

尾道市は坂の町と言われるほど坂が多く景観がとても良いです。

 

海と山に囲まれて、ゆったりとした時間が流れています。

猫もたくさんいます。石段などでよく日向ぼっこしています。

 

都心からは少し離れますが、決して不便ではありません。

いつもは自然に囲まれて過ごし、ちょっとしたお出掛けに街中へ行くというようなライフスタイル希望の方には特におすすめです!

 

そして、自然に囲まれてゆっくりと過ごしたいという方には三次市(みよしし)がおすすめです。

位置的には、広島県の上の方にあります。田んぼが広がる田舎ですが、中心部には様々なお店が点在しています。

 

広島市などと比べると家賃もお安いです。

霧の町として有名で、朝方は特に霧が広がります。小高い場所だと雲海ならぬ霧海が広がり、幻想的です!

 

また、高速道路が通っています。

山陰方面に行くなら松江道、尾道方面に行くなら尾道道、というように交通の面でも優れています!

参考になれば嬉しいです!

広島なら断然佐伯区の五日市がお勧め。

広島県も近年は以前の様に地方だからと言って、圧倒的に家賃が安いとは言えなくなってきました。

しかし、少し市内からずれる事でまだまだお家賃も物価も安く暮らせる街がるのです。

 

私が広島県でお勧めしたいのは、佐伯区(さえきく)です。

佐伯区でも奥へ行くと市内に出るまで時間も交通費もかかりますが、佐伯区でも五日市駅(いつかいちえき)の付近は市内までのアクセスよし、家賃も物価も安い上に買い物にも便利で、幼稚園から~高校まで沢山の数があるので、独身者でもカップルでもファミリー層にも人気がある街です。

 

また五日市駅は山陽本線の乗り入れと、広電の乗り入れもあるため、市内中心地、広島駅までも20分程度で着く便利さです。

 

また五日市駅前には24時間スーパーや、すぐ近隣の楽々園駅付近には人気の温泉施設もありますし、五日市駅からは徒歩圏内で商工センターや複合センターのアルパーク(スーパー、デパート、クリニック、トレーニングジム)へも行くことが出来ます。(広電では3つ目の駅です)

 

また五日市駅からは徒歩15分程度でキレイな海が眺められる絶景ポイントもあることから、便利な街でもあり、海があり山も見えるのが五日市駅付近です。

また五日市から宮島口駅までは乗り換えなしで12分でいける事から観光へ来た身内や友人を案内するにも最高の立地となります。

 

宮島方面には食の名店が多いとも言われてるので、仕事へ行くには市内へプライベートでは宮島へと、オンオフの区切りをつけるには五日市駅付近に暮らす事は最高だとも言える場所なのです。

広島市中心部にほど近い三篠町がオススメ!

広島といえば、世界中で初めて原子力爆弾が投下された県として有名で、今でも爆心地である広島市内には、原爆ドームが保存され、戦争の惨禍を世界に発信しています。

そんな広島に引っ越すことになった方の中には、どこへ住めばよいか分からない方も多いでしょう。

 

広島は、瀬戸内海に面する温暖な地域から雪深い山間部というようにとても広い面積を有しており、引っ越し先に迷うと思います。

 

私は、そんな方に広島市西区の三篠町(みさきちょう)をオススメします。

三篠町は、広島市中心部の西側に位置し、太田川という川に挟まれた島のような地形となっているところです。

 

私がこの三篠町をオススメする最も大きな理由は、都心部へのアクセスの良さです。

三篠町から徒歩10分ほどで行くことができる横川駅から広島駅までは、JR山陽本線で5分程度しかかかりません。

電車に乗れば一瞬で都心部へ行くことができるのです。

 

したがって、通勤や通学はもちろん、ショッピングなどの用事で広島市中心部へ行くには、とても便利なところなのです。

また、横川駅には広島電鉄や可部線も乗り入れており、前者なら市内中心部色々なところへ行くことができますし、後者なら山間部方面へ行くことができます。

 

このように、横川駅からは、市内中心部へくまなくアクセスできるほか、自然豊かな安佐北区へも行けるので、目的に応じて利用すると良いでしょう。

 

さらに、三篠町の家賃は、ワンルーム・1Kともに4万円程度となっており、さほど高くはありません。

治安に関しても周辺がベッドタウンとなっており、問題ないです。

 

広島へ引っ越される方は、都心部へのアクセスが良好で、家賃も高くなく治安も良い三篠町を是非選んでください。