tokyo4

江東区が良いかと思います

c.nさん 女性 (東京都赴任)

私も5年くらい住んでいたのですが、江東区(こうとうく)の総武線沿いが大変おすすめです。

 

私自身が東京都内で賃貸物件を探すときにも、都心に近いほど高いけれど、でも電車で都心に近いほうがいいなと思って探していました。

不動産屋さんにおすすめされたのは、総武線沿線で秋葉原駅から千葉駅までの間で、亀戸駅や新小岩駅や小岩駅や平井駅がおすすめだと言われました。

 

小岩駅から千葉方面になると、住所が千葉県になるので東京都の住所がよろしければ、亀戸駅か新小岩駅あたりなのかなと思います。

 

千葉方面に行くにしたがって、どんどん家賃は安くなると言われました。

私は東京都がついた住所がよくて、より都心に近い駅を希望しましたので、結果的に亀戸駅(かめいどえき)に決めることにしました。

 

亀戸駅から秋葉原駅までは総武線で電車10分くらいですぐに着きます。

そこからは山手線に乗ったり地下鉄に乗ったりしてもとても近いです。たしか、六本木駅まで乗り換えたりしても30分ちょっとくらいで着きました。

 

そう考えるとすごく近いんです。

あとは、バスの運行状況がとてもよく、電車が混んでていやな場合はバスもあちこち色々な方面に出ています。

 

亀戸駅はいわゆる下町と言われる地域です。小さい飲み屋さんや飲食店も多くあります。

お惣菜屋さんも多くありますし、商店街もあちこちにあります。

 

そういう面では、都心に近いけれどアットホームな街ともいえます。

実際に私が決めた物件は、1Kで6万円台です。

東京都北区の王子駅周辺は、快適に暮らせるおすすめエリア!

東京都で女性が初めてひとり暮らしを始める時におすすめなのが、北区の王子駅(おうじえき)周辺です。

 

王子駅は、JR京浜東北線、東京メトロ南北線の2線が利用でき、東京都内の各所へはもちろんのこと、近隣の埼玉県や神奈川県へも快適にアクセスできます。

都電荒川線の王子駅前駅もあるので、都電を使って、西は豊島区の池袋や新宿区の早稲田、東は荒川区方面にも移動ができて、大変便利です。

 

王子駅周辺は、東京23区内でありながら、比較的家賃が安く、駅徒歩圏でも予算内で新しく住む家を探すことができますよ。

 

日常のお買い物に便利なお店が揃っているのも、王子駅周辺の魅力です。

駅前にある東武ストアでは、食料品のみならず、衣類や消耗品も揃っています。

 

ほかに、生鮮品の充実しているイトーヨーカドー食品館・王子店、深夜まで営業している都市型のミニスーパーのまいばすけっと王子駅北口店もありますよ。

 

また、下町風情の残る王子ならではの食品スーパーとして親しまれているのが、ほりぶんです。

自家製のお惣菜やインスタント食品といった、ひとり暮らしを支えてくれる食料品類が手頃な価格で購入できるのが魅力です。

 

王子駅北口から続く王子銀座商店街には、食料品店のほか、季節の花束やアレンジメントを購入できるフローリスト・はなきち本店、自宅では洗濯しにくい衣類のクリーニングも依頼できる川島クリーニング店など、生活をより豊かに快適にしてくれる店舗が揃っています。

商店街共通のパルカードを作ってポイントを貯めれば、ポイントをお買い物の支払いに利用できますよ。

文京区の本郷地区や小石川地区をお勧めします

東京都心に女性が一人暮らしをされるならば、文京区(ぶんきょうく)の本郷(ほんごう)地区や小石川(こいしかわ)地区をお勧めします。

このエリアには、東京都心には珍しいほどスーパーが集積しています。

 

クイーンズ伊勢丹や、まいばすけっと、ダイエー、Olympicがあり、他にドラッグストアやコンビニがありますから、食材の購入に困ることはありません。

安心して自炊の生活をすることができます。

 

また、人間、いつ病気に罹患するかわかりませんし、定期検診を受診したところ、重病に罹患していたことが発見されるかもしれません。

そんなときには、本郷や小石川に居住していることが功を奏します。

 

なぜなら、JRの水道橋駅や御茶ノ水駅の近辺には、複数の大学病院があるからです。

日大病院や、順天堂大学病院、東京医科歯科大病院などです。

 

さらに、歯科の重病に罹患した場合には、東京歯科大水道橋病院や、日大歯学部付属病院など歯科専門の大学病院も近隣に立地しています。

このため、病気に罹患した場合でも安心感があります。

 

なお、通勤・通学の利便性も良好です。

JRなら水道橋駅まで徒歩10分程度の距離ですし、地下鉄ならば南北線の東大前駅、都営地下鉄三田線の春日駅、地下鉄丸ノ内線の後楽園駅なども利用できますから、都内の各方面まで20分圏内で通うことが可能です。

 

肝心の家賃ですが、エントランスにオートロック機能がついていて、平日は管理人が常駐しているワンルームマンションでも、月額家賃は5万円台で借りられる物件が多くありますので負担感は感じないと思います。

東京都23区外の地域で利便性と住環境の追求を

私が東京への転居を考える方におすすめする地域は、都内の23区以外の地区町村です。

 

例えば、個人的におすすめなのが小平市(こだいらし)の西武新宿線花小金井駅(こがねいえき)。

 

西武新宿線から急行に乗車すれば25分で花小金井駅へ。

言わずと知れた繁華街まで約30分で到着できるという利便性が一番の魅力です。

 

駅構内、改札外に多くのお店が立ち並んでいること、子育て世代の住民も多く治安が良いことも日々の生活を考えた上では大きなプラス材料です。

 

都内ほど入り組んだ道路事情ではないので、車を所持する人にとっても安心。

幹線道路沿いには小洒落た外食店が並び、ドライブがてらふらりと気軽に利用してリフレッシュを図るにはもってこいです。

 

駅近郊にある東京都立小金井公園には、広く美しく整備された庭園があります。

お花見スポットとしてすでに有名な春の桜を始め、季節によって変化に富んだ趣のある表情をみせてくれます。

 

数多く設置されているベンチに腰掛けて読書を嗜んだり、広い敷地内をランニングして楽しんだり、思い思いのレクリエーションで羽根を伸ばせることでしょう。

休日にはバーベキューを楽しむこともでき、家族連れも増えて賑やかさを味わえます。

 

このように、繁華街へ都内の洗練された整地内容で住環境はかなり良好でありながら都心から離れたややのんびりした雰囲気を味わえるのも東京都の23区外地域の大きな魅力です。

 

区外だと家賃平均も23区内に比べて安く抑えられており、家賃にこだわって物件を探す際にも有力な候補地になると思います。

また、自治体の公共サービスにおいては都内ならではの充実度があり、この先家庭を持ったとしても安心して過ごせる地域と言えるでしょう。

調布市は都心に近くて安全です

おすすめなのは調布市(ちょうふし)です。

 

23区でなければ、通勤通学不便じゃないの?と考えがちですが、実はこの調布市、とても都心に近いんです。

 

調布駅から新宿までは、なんと電車で約10分。新宿近辺に行く人にとっては、23区内に住むことにこだわらなくても、とても便利な場所です。

調布市駅前にはパルコや西友などがあり、買い物で不自由することはありません。生活用品一式は駅周辺で十分そろいます。

 

また、家賃についてですが、23区に比べると安く、駅前すぐの1ルームでも、7万円台からあります。

駅から歩いて10分にもなると、もっと安く住むこともできますよ。

 

しかも女性におすすめなのは、治安がいいことです。女性の夜遅くの一人歩きなど不安ですよね。

駅前にはコンビニやレストランなどありますので、夜中でも人がいなくなることはありません。

 

しかも、調布市はファミリー層に人気があるので、飲み屋や危険な店が多くあるということはないです。

家族でも訪れることができる店舗が多いと思います。

 

多摩センター方面や、新宿方面などに通勤している女性も多いですし、大学も近所にあるため、学生さんも多いですね。

印象としては、ちゃんとした街、住みやすい街というところです。

 

駅前に市役所もあり、駅前周辺のマンションを探せば、まずは生活面では間違いないでしょう。

電車も都心に行くと劇的に混んでいますが、まだ調布からですと、そこまで満員電車にはならないので、通勤通学でも快適に行けるのではないでしょうか。

地方から東京に引っ越すなら板橋区がおすすめ

東京は、地方から出てくる者にとっては高いビル群がそびえ立つ大都会といったイメージがあります。

しかし、地区によって、昔ながらの商店街が並ぶ街並みであったり、緑が多い土地が広がっていたりします。

 

場所によって交通の便の良さも違ってきます。

そのため、どこに住むかはどういった雰囲気の街を希望するか、どこに勤め先があるかで大きく違ってきます。

 

地方出身者で、東京に住むのが初めてなのであれば、割と商店街が多い庶民的な雰囲気の板橋区(いたばしく)がおすすめです。

地方出身者には馴染み深い、落ち着く空間が広がっているので、きっと住み心地も良いと感じることでしょう。

 

適度に家賃も安く、交通の便も良いので、生活しやすい場所でもあります。

板橋駅から池袋まで埼京線で5分ぐらいで行くことができるので便利です。

 

板橋駅周辺の家賃の相場は1DKで9万円前後です。

これだと少し高いなと思う場合は、駅から離れた場所に住むことで、もう少し家賃を抑えることができます。

 

また板橋駅にこだわらず、ときわ台や下赤塚といった駅周辺であれば、1DKの相場は6~7万円前後となります。

参考までに、下赤塚から池袋までは電車で20分ぐらいかかります。

 

基本的には、池袋から遠くなればなるほど家賃が安くなるといった感じです。

もちろん、板橋区よりももっと家賃相場が安いエリアはいくつもあります。

 

しかし、交通の便を考えると、これぐらいの家賃相場は妥当だと思う事でしょう。

東京の電車のラッシュピーク時は殺人的な混雑状況になります。

 

それを考えると、電車に乗っている時間はなるべく短くした方が無難だからです。

毎日のラッシュを考えると、出来る限り通勤時間が短いに越したことはありません。

吉祥寺のお隣、三鷹駅がおススメ

東京都の23区内にこだわりがなければ、三鷹市(みたかし)がおススメです。

 

23区のお隣の市で、ジブリの森美術館があることでも有名です。多摩地区にも隣り合っていて、都心に近い割には自然環境も豊かです。

 

三鷹市内には、東京都で住みたい街ランキングの上位に入る吉祥寺がありますが、おススメしたいのはそのお隣の三鷹駅です。

 

路線はJR東日本の中央線になります。

人気の吉祥寺よりは家賃相場が安く、通勤特快以外の停車駅となっているので、交通も便利です。

 

新宿まで20分、東京駅まで34分。

どちらも乗り換えなしの直行で行くことができます。

 

お隣の吉祥寺で京王線に乗り換えれば、渋谷までも30分ほど。都心へのアクセスはとても便利です。

 

急行停車駅なので駅は大きく、周辺はにぎやかです。

東急ストアを始め、スーパーもいくつかあり、買い物も便利。三鷹市には農家が多いので、野菜の直売所もあり、地場産の新鮮な野菜が安く買えることもあります。

おしゃれなレストランも点在しています。

 

三鷹駅の北口には武蔵野警察署があり、治安の良さにも定評があるので、一人暮らしの女性でも安心です。

駅周辺にはタワーマンションもありますが、少し離れると住宅街になり、中規模、小規模のマンションも多く、物件も豊富です。

 

住宅街なので、娯楽施設は少なく刺激に欠けるという声もありますが、お隣の吉祥寺に出れば劇場や映画館があり、衣類や雑貨のお店も充実しています。

渋谷や新宿まで出なくても東京での暮らしを楽しめると思います。

家賃が安くアクセスが良い葛飾区がオススメ!

東京都といえば、言わずと知れた日本の首都です。

東京都には多くの人々が住み、また、多くの観光客が訪れ活気にあふれています。

 

そんな東京都ですが、都心部に近い東京23区を中心に、家賃が非常に高いという印象を抱いている方も多いのではないでしょうか。

確かに、日本の首都に近い23区内は、地価や人気が高いので家賃相場は他県に比べどうしても高くなってしまいます。

 

しかし、東京23区でも、それほど家賃が高くなくアクセスが良い地域もあるのです。

 

私が、そうした地域としてオススメするのが、葛飾区(かつしかく)です。

 

葛飾区といえば、アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台として有名で、その名前を聞いたことのある方も多いでしょう。

 

この葛飾区、23区内のほかの地域と比べ家賃が安いのです。

23区内の家賃相場は、多くの区で8~9万円前後ですが、葛飾区の場合、それが6万円程度なのです。

 

詳しく見ていくと、ワンルームでは、5.6万円、1Kでは6.4万円と、かなりの安さであることが分かります。

ワンルームの6万円切りという値段は、他の区では格安の物件でない限りなかなか見つからないでしょう。

 

しかし、葛飾区の魅力はそれだけではありません。

葛飾区にある四ツ木駅から東京駅へは、京成押上線 で30分弱で行くことができ、通学・通勤でも十分に通えます。

 

また、葛飾区は昔ながらの商店街や住宅が残されており、落ち着いた住みやすい空間が広がっているのです。

このように、葛飾区は、家賃が安くアクセスも良い、住みやすいところなので、引っ越す際はぜひ葛飾区を選んでください。