nagano6

長野県松本市に住む際のおすすめエリアと注意点

長野県に引越しを考えていらっしゃる方は結構多いと思います。

信州ですので気温を落ち着いており自然の豊かさを堪能できるのも良い部分です。

 

特に私がオススメしたいのは松本市(まつもとし)です。

長野市と双璧をなす長野県を代表する都市のひとつである松本市は、移住や引越しを考えている方には最適ではないかと思います。

 

しかし松本市のどこの地区がいいのか注意することはあるのかという疑問があると思います。

そこで今回はこの松本市のオススメ地区と注意点について述べたいと思います。

 

松本市は、横浜市2倍の面積を有する広い街です。

市町村合併により他の市町村を吞み込む形でどんどん大きくなっていきました。

 

それにより北アルプスを望む上高地まで松本市の一部となりました。

松本市の良さはやはり大自然でしょう。北アルプスや美ヶ原など身近に自然を感じる事が出来ます。

 

また湿気が少ないのも住みやすさの一つではないでしょうか。

非常に雨が降らない地域として有名で、一年中カラッとした気候に恵まれています。

 

また松本市は長野県の中央部に位置しているため、他の都市の人が思うよりも雪は少ない地域で、長野市などの北の地域より住みやすくオススメできるポイントでもあります。

 

松本市に住むのなら北松本駅周辺のエリアがオススメです。

やはり松本駅が非常に栄えているのですがその分家賃などが高めです。

 

それに比べ北松本駅は松本駅より少し離れるぐらいの距離ですが、家賃は安く済みます。

また買い物際も松本パルコやなぎさライフサイトなどのショッピングセンターへ気軽に行ける距離にあり、非常に便利です。

 

また病院の数が集中している地域でもあるので、万が一の場合なども安心して暮らせるのが北松本駅エリアではないでしょうか。

松本市で住み場所に迷ったら北松本を検討してみてはいかがでしょうか。

長野県で一番住みやすい街、それは飯田市です

長野県に住む上でまず考えるべきことは、東京、あるいは名古屋に出ることがあるかどうかです。

 

長野県には、長野市、松本市の他にも、飯田市や上田市などいくつもの市がありますが、利便性の観点から言えば、どの市もそこまで変わりません。

なので、東京や名古屋に出ることがあるかどうかで、住む場所を決めたほうがいいです。

 

もし出ることがないなら、長野市か松本市に(それも出来るだけ町中心部の近くに)住むのがいいですが、出ることがあるのなら、飯田市(いいだし)か、諏訪市(すわし)に住むべきでしょう。

 

なぜこの2つの市に住むべきなのか?、それは両市が名古屋、東京に近いからです。

 

飯田市から名古屋市には2時間ちょっとで、諏訪市から東京都心には2時間半で行くことができるので、この2つの市に住めば、休みの日など空いた時間に大都市に行くことができます。

家賃相場も長野市とほとんど変わらないので、何か大きな買い物をする時、名古屋に行きたいなら飯田市に、東京に行きたいなら、諏訪市に住むといいでしょう。

 

ちなみに、諏訪市・東京間は片道でも交通費が結講かかりますが(5千円以上かかります)

飯田市・名古屋間は片道2千円強あれば行けますので、月に何回も行くつもりなら、飯田市に住んだ方がいいでしょう。

 

まとめると、長野県に住む場合、もっともおすすめ出来るのは、飯田市、ついで諏訪市です。

(県外に出ないなら長野市もおすすめです)

 

特に飯田市はお勧めなので、引っ越しをするならまずここで物件を探しましょう。

そこでこれと言った物件が見つからなければ、長野市など他の市に住むことを考えるとよいでしょう。

長野駅の徒歩圏内がおすすめ

まず都会で住みやすいというイメージのある長野市と松本市の比較では長野市(ながのし)に軍配が上がります。

 

松本市には空港があるのが利点ですが、新幹線が通っている長野のほうが鉄道の路線数、運転本数とも圧倒しています。

長野市のほうがバス路線も充実しています。

 

また駅前の発展度合いにしても松本駅は駅周辺のせまいエリアが発展しているのに対して、長野駅はより広範囲に町が広がっています。

 

長野市のは唯一の欠点は松本市より積雪量が多いということでしょう。

車の移動は慣れないうちは大変かもしれません。

 

長野市で暮らしやすい便利なところはやはり長野駅から徒歩圏内のエリアです。

駅の北側のほうが栄えており、南千歳というエリアがここに該当します。

 

駅まで徒歩10分以内、さらに5分以内と場所もありながら、一人暮らしであれば賃料は10万円以下です。

電車以外にも長野駅前のロータリーから路線バスが利用でき、長野市内のほとんどの場所へ乗り換えなしで行くことが出来るなど交通の面で不便はないのでマイカーは基本的に不要です。

 

施設面では駅前にながの東急百貨店があるのが魅力です。ここで食料品から生活用品までなんでもそろいます。

 

駅の反対側にある栗田(くりた)というエリアもおすすめです。

こちら側は大型店舗はありませんが、スーパーが近くにあるので日常生活で不便なことはありません。

 

栗田病院、竹内こども医院といった病院や個人経営の診療所など医療施設が充実してるのが特徴です。

駅から若干遠い分喧騒も少ないので住環境という意味ではこちらのほうがいいかもしれません。

家賃が安く適度に便利な上田市がおすすめ

◆一度は住んでみたい長野県

長野県は、都道府県別で幸福度が最も高いといわれている県です。

 

長生きする人が多いことでも知られ、2010年には沖縄を抜いて日本一の長寿県になりました。

 

それだけ居心地がよく、社会設備も充実していると言うことでしょう。

誰でも住みたいと考える長野県ですが、実際に住むとしたらオススメの場所はどこでしょうか?

 

◆家賃が安く、適度に発展している上田市がおすすめ

 

オススメの場所は上田市(うえだし)です。

 

上田市は長野県東部の東信地方にある市です。

長野県では長野市、松本市に次いで規模のある都市で、商業施設なども適度にある便利な街です。

 

安楽寺や北向観音などの多くの文化遺産が残されており「信州の鎌倉」の異称で呼ばれています。

また、国際会議観光都市に指定されており、観光誘致が盛んな市です。

 

上田駅は北陸新幹線の停車駅なので、東京へのアクセスもいいです。

上田駅周辺の家賃は1k3.8万円、1R4.2万円と長野県の平均相場から見て安くなっています。

 

上田駅周辺には、コンビニ、大手スーパー、ディスカウントストアや大型ショッピングモールなどがあります。

普段の食料品の買出しから日用品、ペットまでなんでも揃い不便を感じないでしょう。

 

駅周辺に大きな幼稚園や小学生が通える学習塾があるなど、子育て環境はいいです。

 

上田市には真田昌幸が築城した上田城があり現在では上田城跡公園として様々なイベントに使用されています。

 

大河ドラマ「真田丸」の舞台となったことでも有名です。

 

◆住みにくい点

 

住むに当たって気になる点を上げていきます。

・駅周辺に病院や介護施設が少なく、市内まで出なくてはならない。

・子供を連れて行ける飲食店が駅周辺に少ない。

・バスは路線バスがあるが、運行本数が少なく、最終バスが出る時間が早く不便。

・観光都市なので渋滞が多い。

・特に、駅沿線は一車線しかなく常に混んでいる。

ネックは市内の移動手段です。

車がないと日常生活で不便を感じるかもしれません。

 

上田市は新幹線の停車駅になっているなど、外部アクセスを考えると良い街ですが、市内を移動する場合は不便を感じるかもしれません。

しかしながら、日常生活の利便性の高さや観光資源の豊富さなどからオススメしたい街です。

長野県大町市は住みやすい街です

長野県は人情味あふれる人が多いことでも知られ、特に大町市は都会暮らしよりも田舎暮らしをしたい人にピッタリです。

都会からの地方移住者が自然や人と触れ合いながら子育てをしやすい環境が充実しており、2014年に発表された住みたい田舎ランキングでも5位にランクインしました。

 

大町市には大町ダム・高瀬ダム・七倉ダムと呼ばれるダムが3つもあります。

年間通して数多くのイベント体験も開催されている国営アルプスあずみの公園があり、冬は特に水面が美しい木崎湖、北アルプスの美しさを水面に移す青木湖、水面の背後の自然の緑が美しい中綱湖があり、総称して仁科三湖と呼ばれています。

 

映画「犬神家の一族」のロケ地にもなったそうで観光地にもなっており、NHKドラマ「おひさま」のロケ地にもなった春には一面菜の花の花畑が美しい中山高原もあり、自然環境の良さは抜群に良いです。

 

スキー場もあるので冬にはスキーも楽しめるし、北アルプスの水源のおかげで空気と水が美味しく、その水で育てたお米や地元野菜を安く購入できる場所もあります。

 

子育てのサポートとして、第1子と2子が生まれたときは祝い金として8万円の支給、第3子以降は10万円の支給もあります。

子供の医療費においても、中学校卒業までは入院・通院においての良いサポートがあります。

 

平均家賃相場も長野県全体から見れば安めで、一人暮らしか夫婦二人暮らしの物件で3.3万円から4.8万円、それ以上の人数が住める物件でも5万円代程度と都会と比較したらあり得ないほど安いので、住みやすい田舎暮らしにはピッタリです。

長野県への引っ越しでオススメな街は?~長野市編~

本州の内陸部に位置し中部地方に属する長野県

ここへもしも引っ越す事になるとどの街が良いかは想像しにくいでしょう。

 

そこで今回は長野市内へ引っ越しを決めた場合、気になるであろうポイントを紹介していきましょう。

 

Q1:長野市全体の家賃相場はどれぐらいですか?

 

A:平均的には約5~6万円程度ですが2017年時点では

1~3Kは3~5万円

1~3DKは4~5万円

1~3LDKは4~9万円

この様な家賃で設定している物件が多く安く押さえたい人でも探しやすいでしょう。

 

Q2:長野市の公共交通機関はどうですか?

 

A:長野県は公共交通機関より自家用車での通勤を取っている人が多いですが長野市は比較的公共交通機関に恵まれています。

 

鉄道面では篠ノ井駅が市の中心駅として置かれJR東日本信越本線及び篠ノ井線、しなの鉄道が運行され通勤ラッシュ(7~8)時は平日2~3本は運行され比較的時間の融通が効きその中でも信越本線下り線(長野方面)は平日の通勤ラッシュ時は5~6本は用意されているので長野方面へ通勤・通学する人は特に時間に合わせての通勤がしやすいです。

 

それ以外にも長野電鉄により部分的ではありますが長野駅から善光寺下駅の区間までは地下鉄として運行され(それ以降の本郷~柳原駅は地上線として運行される)こちらは17~18時台の帰宅ラッシュに合わせて平日4本は運用されています。

 

鉄道以外だと長電バスや市営バスや長野市内を回るコミュニティバスも運行されている為自家用車を持っていない人でも不便さは感じにくいです。

 

Q3:長野市の気候で気をつける部分はありますか?

 

A:長野市は全体的に盆地(周囲が山地で囲まれた低く平らな地形)な為気温の寒暖差が激しいです。

 

夏は熱く、冬は寒い物ですが長野市はそれが顕著で夏場は38℃、冬場は-17℃の最高記録を醸し出した事もあり体調管理には特に気をつけたい地域であります。

 

Q4:長野市内でお買い物をしたいのですが有名店とかはありますか?

 

A:長野市内ではながの東急百貨店やイトーヨーカドー長野店、ステーションビルMIDORI等日常生活を送る上で必要な衣食は問題ないですがアニメやゲーム等のサブカルチャーや若者向けの商業施設面では少なすぎる為車や電車等を使って遠出か同市内にあるショッピングプラザ againでお買い物する人が多いです。

 

今回は以上です。

長野市の気になるポイントは紹介できたと思いますので後はこれを引っ越しの参考にしていただければ幸いです。

長野に住むなら上田市がおすすめ

長野県へ転居をお考えなら、おすすめは上田市(うえだし)です。

内陸に位置する長野の気候は、寒暖の差が激しく、湿度が低いため夏場は過ごしやすいのが特徴。

 

東京に比べると冬の寒さは厳しいですが、気温より重要なのは積雪の問題です。

短期滞在なら豪雪地帯も楽しいものですが、除雪が必要となったり外出がままならないなど、実際に降雪が多い地域で暮らすとなると大変ですよね。

 

上田市は長野の東部にあり、積雪量は少ない方なので積雪に慣れていなくても安心です。

 

また、松本市と長野市に次ぐ規模の上田市は、交通機関や都市環境が整備されています。

上田駅にはJR東日本、しなの鉄道、上田電鉄の三線があり、鉄道網が発達しています。

 

新幹線の停車駅になっており、駅から高速バスが出ているので、仕事や旅行で県外へ行くことになっても簡単に往復することができます。

車があった方が便利な地方都市ですが、上田駅周辺に住めばマイカー無しでも快適に暮らせる環境になっています。

 

松本市、長野市と比較すると家賃相場が低いため、月々の負担を抑えることが可能です。

 

そして、観光地としても有名な上田市。真田氏ゆかりの上田城がある上田城跡公園には沢山の桜が植樹されており、春に咲き誇る満開の桜は圧巻です。

 

上田城千本桜祭りなどのイベントを楽しむのに最適ですし、ケヤキが色づく秋にのんびり散策すると心を落ち着かせてくれる場所です。

上田城跡公園に限らず、千曲川を抱く上田市は、信州の歴史と豊かな自然に囲まれた、住むのに最適な土地と言えるでしょう。

長野県に引っ越す場合に考えること注意すべきこと

長野県は、都心部であれば公共施設や店が多く、東京などの大都市へのアクセスも快適なので非常に住みやすい地域です。

長野市の都心部と言えば、長野市と松本市が挙げられるでしょう。

 

この二つの市は、長野市の中で人口が特に多い地域であり、それだけにデパートやスーパー、病院や銀行など、生活に必要な施設はほとんど揃っています。

気候に関しては、夏場が比較的涼しく過ごしやすい傾向です。

 

夕方を過ぎる頃になると、気温は25度前後まで下がってきて、夏の夜も寝づらさを感じません。

 

クーラーも必要がない日も多いので、電気代も浮きますし、長野県の夏場はとても過ごしやすいはずです。

冬に関してですが、雪が積もった時のことを考えて、マンションやアパートなどの上の階に住むのをおすすめします。

 

マンションの場合は除雪作業に時間を奪われる心配もないので、防寒対策もかねてマンションを選ぶのが賢い選択です。

また、新幹線、空港、バスの運行など、多くの交通網との連絡路になっていますし、アクセス面については文句がありません。

 

長野駅から東京都までは新幹線で約1時間半、非常に短い時間で移動することができます。

他の地域への移動で不便をすることはありませんから、近隣地域に用事ができたり、旅行や急な出張の際にも困ることはないでしょう。

 

家賃に関してですが、大都市に比べるとどこも安いので、家賃で選ぶというよりは、通常利用する公共施設などが近くにあるかどうかで選ぶのが正解です。

上記で挙げたような施設の利用のしやすさ、暮らしやすさを考慮に入れるとなると、長野駅と松本駅、どちらの場合も、圏内2駅までの範囲に住むのがが良いでしょう。

 

具体的な理由としては、市役所などの日常利用する公共施設の数が、これらの駅圏内に収まっているからです。