gunmaa4

群馬県に引越すなら伊勢崎市がオススメ!

群馬県は、北関東にある県です。

内陸に位置しており、夏の暑さにおいては全国トップクラスであるため、とても暑いところという印象を抱いている方も多いのでなないでしょうか。

 

そんな群馬県ですが、同県に引っ越される方は、生活していくうえで便利なところを選びたいと考えておられることでしょう。

群馬県は、都心部と比べれば、生活に必要な施設等が少ないので、便利な生活を確保するには、そうした点を重視して選ぶ必要があるのです。

 

そんな方にオススメしたいのが、伊勢崎市(いせさきし)です。

伊勢崎市は、群馬県の南部に位置し、埼玉県と接しています。

 

私が伊勢崎市をオススメするのが、伊勢崎駅周辺にベイシアやイトーヨーカドーなどの施設があり、日々のお買い物に非常に便利だからです。

交通網が発達していないと、車がない場合お買い物をするにもとても不便ですから、こうしたスーパーがある伊勢崎駅周辺は非常に住みやすいでしょう。

 

また、伊勢崎駅からは、両毛線を利用することで前橋駅まで14分ほどで行くことができるので、前橋周辺に勤め先があったり、通学したりする際にも短時間で行くことができ便利なのです。

家賃も、1Kで3.7万円と非常に安く、前橋よりも安いケースも多いようです。

 

これなら、わざわざ前橋市周辺に住まなくても、伊勢崎市に住んだ方がお得なのです。

ただ、夏の暑さは冒頭でもお伝えしたように全国トップクラスなので、その点は覚悟しなければなりません。

 

群馬県に引っ越される方は、是非伊勢崎市を選んでください。

群馬に住むなら高崎駅周辺がおすすめです!

群馬県と言えば、県庁所在地のある前橋が一番に思い浮かぶかも知れませんが、高崎も忘れてはいけません。

 

むしろ住むとなると、こちらの方がおすすめだと言うことができます。

 

高崎は東京へのアクセスにとても便利です。

上越新幹線を使えば僅か50分で、各駅停車でも高崎線で2時間もあればJRを使って高崎駅から東京駅まで出ることができます。

どちらも1本で乗換をしなくて済むところもポイントです。

 

また、都内まで出なくてもJR高崎駅前には有用な施設が色々と建ち並んでいます。

大型のデパートや家電量販店、銀行の支店やフィットネスクラブなどの様々な店舗が駅前に集中しているので、この周辺だけで普段の生活に困ることは何もありません。

市役所もすぐ傍にあるので、公的な用事にもとても便利です。

 

駅の西側がこのような施設が建ち並ぶ景観となっているのに対して、東側は比較的落ち着いた住宅街になっています。

よって、住むならこのJR高崎駅の東側をおすすめします。

 

こちら側にもスーパーや薬局、ファストファッションの衣料品店など、西側ほどではありませんが、このような商店があります。

 

駅の東側は西側に比べて家賃相場が多少低くなっているところもおすすめの理由です。

西側へは簡単に出られるので、何もその西側に住むことはありません。

 

それほど栄えている訳ではないことから、治安や閑静な環境を求める人にも向いています。

大きな用事は西側まで出るとしても、普段は東側だけでも間に合うかも知れません。

 

群馬県に住むのであれば、このJR高崎駅の東側が女性でも特に困ることもなく、安心して住むことができると言っていいでしょう。

群馬に住むならどこに住む?玉村町のススメ

群馬に住むならどこが良い?という問いがあると、大概の人は真っ先に前橋市、次いで伊勢崎市や高崎市、太田市の名を挙げてくることでしょう。

確かにこれらの市町村は有名だったり大型商業施設があったり交通至便だったりします。

 

しかし同時にその分地価、家賃も高く、本当に住みよいかというと必ずしもそうではない場合もあることでしょう。

 

そこでおすすめしたいのは、実は玉村町(たまむらまち)です。

玉村町は群馬県の南部にあり人口は4万人に満たない町ですが、実は前橋市・高崎市・伊勢崎市と隣接しているのです。

 

玉村町内には鉄道の駅がなくて最寄りの駅となると高崎市のJR東日本高崎線新町駅になってしまうのが難点といえば難点ですが、そもそも群馬県は車社会でどこに行くのも車を使うのが普通ですから、車や原付とその免許を持っていればさしたる障害にはなりません。

 

玉村町に関して言えば人口が少なく従って交通量も少ないため走り良い割りには関越自動車道、国道354号線、群馬県道11号前橋玉村線、群馬県道24号高崎伊勢崎線(両崎線) 、群馬県道40号藤岡大胡線などがあって他都市や市内の交通アクセスは必ずしも不自由なものではありません。

 

また玉村町内には永井バス、群馬中央バスも走っていて、これらを使って市内・市外を移動することもできます。

前橋市・高崎市・伊勢崎市と隣接していながら自然豊かでガサガサしたところがなく、地価や家賃も群馬県の平均に比べて安い玉村町。

一度下見に行かれてはどうでしょうか。

車がないなら高崎市、車があるなら太田市がおススメです。

群馬県は関東地方の中でも、かなり田舎です。

車がないと不便なことが多いので、車無しで暮らすなら、電車の便がよい高崎市がおススメです。

 

上越新幹線も通っていて、高崎駅は関東と新潟や長野をつなぐ拠点でもあります。JRの高崎線湘南新宿ラインを利用すれば大宮まで1時間と少しで到着します。

 

市町村合併によって、群馬県内では県庁所在地の前橋を抑えて、人口が最も多い市で、県内での住みやすい街の第2位にランクインしています。

 

高崎駅周辺なら買い物もレジャーもそれほど不自由はありませんが、便利がいいぶん家賃は高めです。

 

高崎市内でおススメのエリアは、高崎駅から上越線でひと駅の「高崎問屋町駅」周辺です。

高崎駅まで3分なので、首都圏に出る場合も便利です。前橋方面にも近くなります。

 

まだ新しい駅なので、駅周辺は綺麗で、スーパーや酒屋もあり、近くにはドン・キホーテもあります。大きな公園もあり、自然環境もよいところです。

車がなくても、自転車があれば日常生活に不自由はないと思います。

 

車があるなら、太田市もおすすめです。

群馬県内での住みやすい街トップで、人口も増加傾向にある街です。

 

駅周辺は少しさびれた印象がありますが、郊外には駐車場完備の大きなスーパーやイオンがあり、日常生活に必要なものは全て揃います。

高崎市内よりは家賃も抑えられます。首都圏に出る際には、東武伊勢崎線を利用できます。

JR熊谷駅まで出て高崎線を利用する方法があります。

 

どちらにしても、群馬県は夏は暑く、冬は寒いことで知られています。

物件を探す場合は、交通の便だけではなく、風通しの良さや日当たりなどもチェックして選ぶ必要があります。

子育てに最適で平地が広がりアクセスしやすい板倉町がお勧め

群馬県の県庁所在地は前橋市ですから都市部で生活を希望されるのであれば前橋市となるのですが、群馬の地理上の利点から言えば関東平野にある県南部の方が平地が多いのでそちらがお勧めです。

その中でも板倉町(いたくらまち)は栃木県栃木市と埼玉県加須市に隣接する三県境の町なのですが、平地にあり歩いて行ける唯一の三県境の町なのです。

 

県境というと山間部が多いのですが、板倉町は広大な関東平野にあり平地なので移動も楽ですし、隣の自治体にも気軽に行き来することができます。

鉄道は東武日光線、高速道路は東北自動車道があるので首都圏を始めとしたあらゆるアクセスにも便利です。

 

町は利根川と渡良瀬川の合流付近となっており内陸部でありながら水流は豊富、大きな建物もなくのどかな景観が広がる街並みに癒されます。

 

暮らしやすさという観点からも板倉町では恵まれており、定住者に対して子育て支援金を支給しています。

第一子が三万円、第二子が四万円、第三子以降は六万円が支給されます。

 

また出産育児助成金や出産費用も助成してくれます。

15歳までの児童を持つ方すべてに月5000円から15000円が支給されます。

子供を持つ方にとって手厚い助成金の支給は嬉しいですね。

 

また板倉町に限りませんが、群馬県は中学卒業まで医療費は無料になります。

その他にも条件によって助成金が支給されますので優遇措置を最大限活用できる板倉町は魅力ですね。

 

このように居住者にとっては住みやすく恵まれた助成金制度がありますから、板倉町への引越しをお勧めします。

群馬県にするならやはり高崎市であるわけ

群馬県の高崎市(たかさきし)は県庁所在地ではありませんが、県庁所在地の前橋市よりも人口が多く群馬県で最大の人口の要する街です。

 

高崎市の大きな特徴としては古くから交通の要所であり、今でも全国有数の交通の要所として機能していることです。

JR高崎駅は上越新幹線や長野新幹線を初めとしてJR各線の鉄道路線が通っています。

 

また、鉄道だけではなく、自動車をよく利用する人のとっても上越自動車道や北関東自動車道もあり自動車でも北関東では交通は至便と言っていいでしょう。

東京までは新幹線を利用すれば1時間程度しかかかりませんし、少し足を伸ばせば自然環境は申し分ありません。

 

自然環境の整った都市生活をしたいというならば高崎市はうってつけです。

首都圏に通勤が必要であるという人や首都圏にかなり頻繁に出かけなければならないというような人はやはり交通面での有利なJR高崎駅周辺がおすすめですが、そのことはすなわち高崎駅周辺は賃貸相場や土地相場が高くなってしまうことも確かです。

 

しかし、賃貸相場や土地相場が高いことは商業施設や繁華街も高崎駅の周辺に集中していることも関係していますから、高崎駅周辺では都会生活を楽しむことができるでしょう。

高崎駅周辺が交通面で有利であるということから、高崎駅を少し離れてみればかなりリーズナブルな物件もたくさんあることも意味します。

 

首都圏に頻繁に行くことがないという人は高崎駅から少し離れてみればいいのではないでしょうか。

安定の前橋or高崎

群馬に引っ越しする方々に対しておすすめするのは、やはり県庁所在地の前橋か新幹線やその他路線の多い高崎周辺に住むのが無難だと思います。

前橋の場合、湘南新宿ラインで一本で東京や小田原の方まで出られるので便利で、高崎の場合は新幹線があるので、都心に行くことが多いとなると高崎の方が早く出られます。

 

基本的に駅周辺は若干家賃が高かったり、公共交通のバスの本数が少なかったりするので、自転車を使ったり、車で駅まで移動という手段をおすすめします。

 

また、前橋と高崎を結ぶJR両毛線は一時間あたりの本数が遅延するケースや、電車賃が高かったりするので、注意は必要です。

地区というより、両毛線の駅名周辺で探した方がいいと思われます。

 

例えば、新前橋は立地もいいところはあるのでおすすめします。それ以外に高速道路を使うとなれば、駒形や前橋大島などはいいと思われます。

混み込みとした環境から離れたいという方は渋川や粕川など、少し街からは離れますが車で十分に行ける距離です。

 

また買い物は前橋のショッピングモールのケヤキ前橋があったり、高崎駅併設の電気屋や食事処は多いのと、前橋の南側にはかなり大きいコストコもあるので興味があるならそちらでもいいと思われます。高速もちかいので。

 

ただ、都心や地方都市から移住される方に一番驚かれるのは、公共交通の無さと車社会です。

他の県からしたらかなり運転速度が速かったり、煽られることもしばしばありますが車を運転して移動するなら、安全運転を心がけてください。

群馬県に住むなら何処がオススメ?~高崎市編~

関東地方に位置する群馬県

もしもこちらへ引っ越しが決まった場合群馬県の何市へ引っ越すかはお決めになっていますか?

 

特に指定や拘りがないのであれば今回は「高崎市」をお勧めします。

高崎市は群馬県においては県庁所在地である前橋市と同様に中核都市を成していますが実際に住むとなると高崎市の方をお勧めします。

 

高崎市の家賃相場は1ルームから1LDK内で見ると約4~6万円と少しお高めで前橋市よりも家賃相場は高いです。

 

家賃だけ見ると群馬県のお膝元である前橋市の方が住みやすいんじゃないのか?とお思いかもしれませんが高崎市を推すだけの理由は2つあります。

これは前橋市にはない特権と言っても良いでしょう。

 

1「公共交通機関が優れている」

群馬県全体に言えることですが群馬県は車社会が進んでおり公共交通機関は勢いが落ちている(=本数が少ない)地域も多々あるのも珍しくなく前橋市も例外ではありません。

しかし高崎市は話が別です。高崎市の場合は群馬県全体で見ると公共交通機関は恵まれています。

その中でも鉄道面ではJR東日本より

・上越北陸新幹線

・高崎線

・信越本線

この三線は高崎駅を起点としており特に新宿・横浜・小田原方面へ向かう高崎線は午前5~8時台の便は通勤ラッシュを想定した本数になっています。

一時間に4~5本は最低数確保しており特に6~7時台は特急・快速も含めると一時間に7便は運行され群馬県内からの通勤だと融通が利きやすいです。

 

車を持っていなくても通勤や移動はし易い方と言えます。

また私鉄である上信電鉄の上信電鉄上信線も本駅を起点としています。

 

2「サイクリングロード」

群馬県へ引っ越しを考えている人の中にはサイクリングが趣味と言う人もいるかもしれません。

もしその趣味がお持ちであるのであれば高崎市がオススメです。

 

と言うのも高崎市はサイクリングロードが豊富で高崎市内に絞ると

・烏川・碓氷川サイクリングロード

・県道401号高崎伊勢崎自転車道線

・烏川・榛名白川サイクリングロード等

数多くのサイクリングロードが存在し休日は丸一日走り続けるだけでも有意義に過ごす事が出来ます。

 

この2点が高崎市へ引っ越しをオススメする理由です。

特に電車の本数が多いのは電車で通勤・通学を考えている人からすると魅力的と言えるポイントでこの点は強くオススメできると言えます。

 

もしもまだお決めになっていないのなら高崎市を候補として検討してみては如何でしょうか?