okayama4

岡山市へ引っ越すなら、北区のJR岡山駅東口がおすすめ

岡山県は「晴れの国」という愛称があるように、雨が少なく温暖な気候です。

台風も滅多に来ることがなく、瀬戸内気候の平野部は積雪も極めて少なくなります。

 

岡山市(おかやまし)は政令指定都市ですが、田舎の雰囲気が色濃く残り、治安はそれほど悪くありません。

ただ、路線バスの便は多いものの、路面電車は路線が短く、JR山陽本線の沿線から離れると車が必需品になります。

 

岡山市は平成の大合併で市域を広げたため、かなりの田舎も市内に含まれています。

岡山市内で都心といえるのはJR岡山駅や岡山県庁、後楽園などがある北区です。

 

特に岡山駅東口から県庁や後楽園がある旭川沿いは官公庁、デパート、ショッピングセンターが並び、にぎやかです。

北区のマンション相場はワンルーム、1DKで4万円台から。駅のすぐ近くは少々家賃が高くなりますが、東京や大阪のように都心に近づくと極端に家賃が高額になるわけではありません。

 

駅から旭川を渡り、10分ほど歩けば4万円台前半の安いマンションもたくさんあります。

岡山駅東口から旭川までは路面電車も走っていますので、車なしでも生活に困ることはないでしょう。

 

岡山駅西口では伊島小学校周辺か岡山大学周辺が人気の場所です。

緑豊かな住宅地が多い場所ですが、単身者向けのマンションも増えてきました。

 

公園が多く、買い物に困ることもありません。北区以外で住みやすいのは、古くからの住宅地である中区の門田屋敷周辺です。

路面電車が通り、岡山駅周辺へ車なしで出かけることができます。

 

岡山駅西口や中区の家賃相場は、東口とそう大きく変わりません。

岡山市にあるJR岡山駅の南東部エリアをお勧めします

岡山県内で生活されるのならば、もっとも商業的に栄えている岡山市をお勧めします。

 

岡山市は、江戸時代は池田家の岡山藩の城下町であり、大藩のお膝元として栄えてきました。

 

このため現在でも、商業施設や官公庁、大学、金融機関、大企業の岡山支店などが集中的に立地している場所が、岡山城とJR岡山駅に挟まれた岡山市北区のエリアとなるのです。

 

このエリアには、イオンモールやイトーヨーカドーといった大手スーパーが出店していますので、日々の食材や衣料品、日用品を安い価格で購入することが可能です。

 

また、このエリアには岡山中央郵便局や銀行の支店が出店していますし、徒歩圏内には岡山市役所や北区役所も立地していますので所用ができたときに便利です。

そして、このエリアには岡山美術館や岡山城跡、県立図書館などもあり、休日には文化的な生活を過ごすこともできます。

 

実際に居住される物件は、女性の一人暮らしを前提にした場合、エントランスにオートロックが設置されて、管理人も常駐している賃貸マンションがお勧めだと思います。

 

例えば岡山市北区京町にあるワンルームマンションならば、月額賃料が管理費込みで33,000円で借りることができます。

インターネットで同様の設備を備えたワンルームマンションを探してみると、中古マンションであれば家賃3万円台の物件を複数見つけることができますので、家賃については割高感を感じることはないと思います。

 

そして、防犯面での設備が揃っていますので、安心して生活できると思います。

岡山県に住むなら、岡山市中区か備前市がお勧めです。

岡山県に住むなら、岡山市中区(なかく)がお勧めです。

なぜ岡山市中区がお勧めなのか、その理由は他の岡山市の区よりも家賃相場が安いからです。

 

他の岡山市の区に比べると、(部屋の間取りによりますが)だいたい5千円~1万円ほど安いので、出来るだけ家賃の安いところに住みたいなら、岡山市中区で決まりでしょう。

 

ただし、岡山市中区に住むなら、一つだけ気をつけるべき点があります。

それは、鉄道が区の中心部にしか通っていないので、南に行けばいくほど不便になることです。

 

もっとも、区の中心部に比べると南の方が家賃が安いので、自家用車があり、鉄道に頼らない生活を送るなら、南部の方に住むのもありかもしれません。

 

この岡山市中区によい物件がなかった場合、備前市(びぜんし)に住むという手もあります。

 

岡山県の中でも東の方に位置する備前市は、京阪神と近いので、だいたい片道2000円弱、1時間半ほどで神戸市に行くことができます。

なので、たまには神戸や大阪に行きたいなら、備前市に住むとよいでしょう。

 

ただし、備前市の家賃相場は岡山県の中でも屈指の高さなので、家賃の安さを重視するならやめておきましょう。

(といっても、中区以外の岡山市とそこまで家賃相場は変わらないので、家賃を気にせず住むという手もあります)

 

これらのことをまとめると、岡山県に引っ越す場合、候補になるのは岡山市中区と備前市です。

 

家賃の安さなら岡山市中区、京阪神への近さなら備前市に軍配が上がるので、どちらを重視するかで、住むところを決めるといいでしょう。

岡山県倉敷市の児島駅周辺か伊島町がいいと思います

岡山県は県外からの移住者も増えているし、日照時間が日本一長くて、暑い夏や寒い冬の気候も日本全国各地から見ても過ごしやすいです。

地震や水害や土砂崩れなどの災害も少ないし、昨今は子育て支援に県が力を上げているので子育て世代からの声が高い県でもあります。

 

特に児島駅(こじまえき)はJR西日本・JR四国・瀬戸大橋線が通る巨大ターミナル駅と名高い駅なので、平日はサラリーマンや学生が通勤・通学に、休日は観光客などでにぎわっているので、常に駅周辺は栄えています。

 

児島駅周辺は家電量販店が多く、生活に必要な日用品や食品を購入できるスーパー等も揃っているし、児島駅は快速列車や特急列車の停車駅となっているので電車のダイヤ数も多く、岡山駅まで快速列車で30分程度と岡山県の中心都市にも行きやすいところが良いです。

 

海にも山にも近く、公園や年間通して自然と触れ合えるレジャースポットも多く、自然と利便性が上手く調和のとれた、都会すぎずに田舎すぎない落ち着ける街です。

 

児島駅周辺の家賃相場は単身者で4、8万円程度、2人暮らしで6、2万円程度、それ以上で7、6万円程度になっています。

また、岡山駅からは離れていますが、静かでそこそこ利便性がある都市は伊島町だと思います。

 

学生向けのアパートやマンション数も多く、コンビニや小規模スーパーや大型ショッピングセンターなどの商業施設もあり、学生が多いぶん学生向けの良心的な家賃の物件が多いので、単身者向けの程よい物件が見つかる可能性が高いように感じます。

岡山県に住むなら何市がお勧め?~岡山市編~

中国地方の南東部に位置する岡山県は瀬戸内海に囲まれ中四国の交通網の要とも言える中国地方の影の立役者とも言える都道府県

そんな岡山県への引っ越しが決まった場合、お勧めなのが岡山市(おかやまし)です。

 

岡山市は中国地方における人口が多い都市で広島県広島市に次いで多いナンバー2のポジションを長年保ってきています。

それ以外にも岡山市へ引っ越しを決めた際受けられる恩恵が何があるか、それを幾つかご紹介していきましょう。

 

メリット1「ICOCAカードの使用が可能」

事前にカード内にチャージ(入金)しておく事が前提ですが岡山市のみならず岡山県内を通っているJR西日本の各線はICOCAカードを使用しての電車及びバスへの乗車可能になりスムーズに精算が出来るようになります。

 

ICOCAとはJR西日本にて導入されているICカード乗車券で従来の乗車券や定期券として使うのは勿論の事、提携店でのお買い物やICマークのある全国の鉄道やバス・お店でも利用可能とこれ一枚あればとても便利な程の利便性の高さです。

 

けれど中国地方県内では一部の県でしか導入されておらずまだまだ現金払いの必要性は残っていますが少なくとも岡山市を含めた岡山県内及び広島県内は利用可能範囲内の為チャージ済みのICOCAがあれば安心かつスムーズに乗車出来て時間短縮の恩恵を受けれます。

 

メリット2「路面電車にも乗れる」

中国地方で路面電車と言われると大抵の人が広島市内のを連想する人が多いですが岡山市内にも岡山電気軌道にて岡山駅前を視点として東山方面の東山線と清輝橋方面の清輝橋線の二線が今も走っており市内を移動するのには欠かせない市民の足として今も現役です。

 

メリット3「2つのコミュニティFM局」

コミュニティFMは地域密着型に特化したラジオ局であり規模は小さいがその分その市内の事をより力を入れて紹介して放送できラジオ局毎にカラーも違います。

ラジオ好きの人なら岡山市内では2つのコミュニティFM局を聴き比べ出来る点でもお薦めです。

 

岡山市内には市民からはRadio momo(レディオモモ)の愛称で親しまれている岡山シティエフエムとエフエムくらしきの2局の聴取が可能で後者は名前の通り倉敷市に本社を置いていますが岡山市内の各区も聴取対象に入っている為ほぼ岡山市内のコミュニティFM局の1つと言っても過言ではなく両局自体も結びつきが強い為お互いの自主制作番組の放送や広告も出したりと友好関係は築いています。

 

メリット4「名物料理が豊富」

岡山県内の名物料理と聞かれると桃太郎にも出てきた吉備団子(きびだんご)が有名ですがそれ以外にも有名料理は多く確認できるだけでも

・デミカツ丼(卵でとじない代わりにデミグラスソースをかけたカツ丼)

・トンカツラーメン(醤油ラーメンの上にとんかつを乗せた物)

・大手まんぢゅう等

岡山市発祥の名物料理が豊富なので休日は1日食べ歩きも出来る程多いのでグルメ好きにはたまりません。

 

メリット5「家賃相場」

そして気になる家賃相場ですが岡山市内でも各区毎に細かい数字では変動あれど平均で「5万円」台を維持しておりそこまで高くはない為初めて住むならお勧め出来ます。

どうしてももう少し安くしたいなら2017年現在では中区と東区が比較的安めの物件が多いです。

 

岡山市内へ引っ越しを進めるメリットはこの5点です。

家賃もそこそこで名物料理も多い情報収集用にテレビやラジオ局も豊富で交通も多い…

 

少なくとも岡山県内への引っ越しなら岡山市へと言える程お勧めな街ですので検討の際には是非どうぞ