huku4

福島に住むなら 福島県の中心郡山市の紹介!

j.bさん 30代後半男性 (福島県在住)

福島県は中通り・浜通り・会津通りと県内を縦に分断して3つの地域に分かれています。

福島県にどういった理由で在住するかによってオススメの地域が変わってきますので、まずは福島のオーソドックスな居住地を紹介します。

 

郡山市は県内のど真ん中に位置しており、交通の便では最も便利な街といえるでしょう。

関東・東北のちょうど真ん中にある郡山駅は新幹線で縦にも横にも行け、在来線の中心駅でもあります。

 

移動をよくする方なら、郡山市(こおりやまし)がゼッタイオススメです。

また、ショッピングモールや大型施設、文化センターなどの主要施設も郡山にあつまっているので、買い物や生活品を整える際にも不自由しないでしょう。

 

ビジネスで人や物、情報と触れる機会が多い方にも郡山在住をオススメします。

関東に拠点を置く企業の支店などが郡山に集まっているので、企業とつながりを持ち、ビジネスを広げたい方は交友関係を広げることができるでしょう。

 

賃貸住宅などは高い物件が多いのも郡山市の特徴です。

駅前を中心に少し離れたところにもタワーマンションがあり、当然ながら高額物件になりますので、安い賃貸を探す場合は郊外になるはずです。

 

福島県に在住すう際にどんなことをするために住むか、何が目的かをキッチリ決めれば、県内の地域が見えてくると思います。

福島へのお引越し?

h.gさん 40代後半女性 (宮城県在住)

福島県ってどんなイメージなんでしょうか?

原発の被害をうけた場所というのが一番最初にくると思います。

 

相馬市や福島市は住みやすさで言えば文句ないと思いますが、放射能の恐れがあると心配な人にはお勧めできません。

もちろん、今現在相馬にも福島市にも住んでいる方もいらっしゃるので全否定はしません。

 

そんな放射能に、心配がある人にもお勧めしたいのが会津若松市(あいづわかまつし)です。

 

まぁ、会津は若干田舎ではあります。

少しでも中心地に住みたい方は福島市へどうぞ。県庁所在地は住んで間違いないです。

 

会津若松市には、歴史を楽しめる場所がたくさんあります。

白虎隊で有名な会津磐梯山には一度訪れる価値はあります。様々な歴史館もあるので観光だけでも楽しめます。

 

歴女でなくても楽しめる土地だと思っています。

 

常磐ハワイアンセンターも会津若松市です。映画「フラガール」の舞台になった場所です。

何度もリニューアルしているので何年かに一度行っても楽しめますよ。

 

震災で原発から避難した人の多くが会津若松市に逃げました。

そのことを考えても福島県の山側、会津は安心かと思います。

 

何よりいいのが、アパートの賃貸料が安いことです。大学があることもあってか一人暮らし用のアパートは高くないです。

そして、食べ物が美味しいのも魅力です。果物、海の幸、山の幸が豊富なので数千円で高級なお料理が楽しめます。

 

歴史に触れながら美味しいものを食べ安心に暮らす。

会津若松市に住みませんか?

福島に住むならどこが良いか!?

m.mさん 30代後半女性 (宮城県在住)

東北の玄関口として知られている福島は、北関東からアクセスも良く、新幹線の停車駅もたくさんあります。

もしも、女性が福島に住むとしたら、どこが良いのでしょうか。

 

福島の中でも、特に利便性の高い都市が郡山市(こおりやまし)です。

郡山市は、福島の中でも一番の商業地とされています。

 

ショッピングモールやスーパーはもちろん、利便性の高さから人口も高いので病院なども多く便利に住む事ができます。

そして、新幹線の停車駅ですので、東北一の都市である仙台にも、そして東京にも行く事ができます。

福島に初めて住む人は、雪が降らないか、寒くないかが心配になります。

 

福島の中でも、気候が安定していて降雪量も少ないのがいわき市です。

東北だけでなく、寒冷地に住んだ事がないので雪かきの経験がなく心配になる方でも、いわき市なら毎年それほど雪は積もりません。

 

また、いわき市は関東地方にも近いので、高速道路を使えば茨城からも近いです。

 

福島の中でも、住む時に仕事も一緒に探したいと思っているなら、福島市(ふくしまし)もおすすめです。

 

福島市は、福島県の県庁所在地ですので、福島県のオフィスの出店数も多くなっています。

また、福島市に本社を構える企業だけでなく、他の地方に本社のある企業が、福島県の拠点として支社を構えている事も多いです。

 

郡山市、福島市、いわき市ともに一人暮らし様の物件も多くなっています。

利便性は郡山市が一番高く、家賃はいわき市が一番低い傾向にあります。

福島でのお勧めは郡山市です。

c.nさん 40代後半女性 (埼玉県在住)

私がお勧めする福島県のお勧めな市は断然、郡山市(こおりやまし)です。

 

郡山市は、福島県の中通り中部に位置をする市であります。

中核市にも指定されているので、仙台市いわき市に続いて東北地方では三番目に人口が多い都市なのです。

 

郡山駅には東北新幹線や東北本線が乗りいれているため、交通の面でも大変便利と言えるでしょう。

また駅から徒歩圏内には運動競技場は多数ある為、老若男女が集る場所とも言われています。

 

駅周辺には百貨店や大型ショッピングセンターもあるので、一昔前の様に他の地域に行かずとも郡山市内で買い物も充分事足りると言われています。

生活するに賃貸物件も数多く建設されており、家賃相場も比較的お得な地域とも言えるのです。

 

郡山市は駅前の大変発展して、生活をする上に必要な買い物エリア、病院エリア、飲食店エリアなど、ここ数年で大変発展を遂げました。

また少し車を走らせるとのどかな自然も多く感じられることから、仕事の関係での引越し目的や永住的な引越しで福島県に引越して来る人は郡山市を選らんで暮らす人が多い様に感じます。

 

また近くには施設や山、湖あり川ありで、観光地とすても大変人気のエリアとなっています。

そして、何より暮らしやすい点は東北地域なのに、雪が積もりにくいと言われている地域でもあります。

 

その点でも郡山に引越しをして来た人が暮らしやすく感じて、永住する人も増えていると言われています。

福島県への引越し予定がある方は郡山市がお勧めです。

福島に引っ越しをするなら白河市がおススメ

福島に引っ越しをするのであれば白河市(しらかわし)がおススメです。

おススメの理由は、福島の中でも積雪が少ないところだからです。

 

冬場の平均の積雪量は30㎝ほどとほかの地域に比べると少ないので、雪に慣れていない地域に住んでいる人はもちろんのこと、快適に過ごしたいという人には良い気候です。

また、インフラもとても良くて、JR東北本線が走っていたり東北自動車道が通っています。

 

東京へ行くのにも2時間かからずに行くことができます。

白河市でお買い物をする場合も、市内にメガステージ白河店やベイシア白河モール店、ヨークタウン白河横町店など大型スーパーがあって便利です。

 

白河市で最も力を入れていることというのが子育て支援になります。

子ども医療費助成の対象年齢はなんと高校3年生までと長期になっています。

 

さらに、保育園や幼稚園がたくさんあるので、昨今で問題になっている待機児童の問題もほとんどないのが現状です。

お子様がおられて夫婦共働きという方でも安心です。

 

住みやすい環境のため、アパートなどの賃貸物件も非常に充実しています。

数が多いために相場も非常にリーズナブルで1LDKほどの物件であれば5万円弱のものがゴロゴロあるような現状です。

 

ちなみに白河市といえばラーメンが有名です。

白河ラーメンは同じ福島で有名な喜多方ラーメンと同じくあっさりと食べれるラーメンであり、朝から食べれることから朝ラーのお店も多くあります。

 

白河市に住んだらこのようなグルメも楽しむことができます。

福島県に住むなら何市がお勧め?~福島市編~

東北地方に位置し土地面積では日本国内3位に入る程の大きさを誇る福島県

こちらへ引っ越しが決まった場合、この場では県庁所在地である福島市をお勧めします。

 

福島市を勧めるだけのオススメポイントをこれから紹介していきましょう。

 

■オススメ1「家賃相場」

まずは気になるであろう家賃相場です。

地区毎に差はありますが全体的に5万円以内の物件が多く1LDKや2LDKでも比較的低資金から住む事が可能な為比較的リーズナブルです。

 

■オススメ2「公共交通機関」

福島県は車を利用して通勤通学をしている人が多く所謂車社会と言える状態です。

その理由に公共交通機関が不便(利用者が少ない為その分本数も少なくなる等)の面もある為です。

 

しかし福島市はその中でも「比較的」の方ではありますが公共交通機関における本数で融通が利いている方です。

電車の場合は福島駅を起点にし東北本線の利用だと毎時間に1~2本程度の本数は用意されています。

 

全体で見ると確かに少ないですがそれでも福島県基準で見ると多い方になります。

バスの方も福島交通より路線バスが運行されており行き先に左右される事はありますがこちらも毎時間1~2本は用意されているのでこちらも福島県基準で見ると充分な本数です。

 

■オススメ3「マスコットキャラ」

最近では県を挙げてマスコットキャラやゆるキャラを作ってPR活動に力を入れていますが福島県も例外ではなく福島市からも「ももりん」の名前でマスコットキャラが誕生しておりモチーフは「吾妻小富士の種まきうさぎ」と言われています。

 

現在は2000年代に入ってデザインが一新された二代目に代わっていますが歴史自体は古く1996年4月より誕生している為歴史の長いマスコットキャラで福島市のみならず福島県を代表するマスコットキャラと言っても良いでしょう。

 

■オススメ4「福島ユナイテッドFC」

Jリーグに所属する福島ユナイテッドFCのホームタウンとして設置されているのもサッカーファンならお馴染みです。

福島県全体がホームタウンとは言っていますが中心部になるのはやはり福島市です。

 

ホームスタジアムである福島県営あづま陸上競技場、市民からは「とうほう・みんなのスタジアム

Jリーグの試合で使われていますがFIFAワールド女子カップ国際試合にも使われた経験がありサッカーファンなら福島市がお勧めです。

 

以上のポイントから福島市ををお勧めします。

福島市はそれ以外にもオススメポイントがまだまだ残っていますので福島県への引っ越しが決まったら福島市を候補地に入れておいても良いでしょう。