総合的に選ぶなら板橋区・練馬区

ita

東京にこれから上京してくるという方が最も気にしているのは、どこに住めば良いかということだと思います。

23区といっても1つ1つ特徴が異なり、住む場所によって街の雰囲気や物価、利便性も様々ですから、事前にしっかりとチェックしてから決めなければなりません。

 

良くテレビや雑誌などで「住みやすい街ランキング」などを見ると、自由が丘や目黒などが上がってきますが、これらの街は確かに住みやすさのみの観点から見ると良いのですが、残念ながら経済的にそれほど余裕がある人の少ない上京者にとってコスパは優れていません。

 

では、総合的な視点から見て、23区内でどこが最も住みやすいのかと言うと、私がオススメしたいのは23区の北部地域である板橋区か練馬区です。

東武東上線や西武池袋線が代表的な路線として敷かれている板橋区、練馬区は昔から上京する人の街とも呼ばれるほど、上京者にとってメリットの多い街です。

 

その理由の1つが、家賃の低さです。

東京は地域ごとにかなり家賃に差があり、高い地域と安い地域では同じ条件の物件でも倍以上に家賃が違うことも少なくありません。

 

その点、板橋区や練馬区は、都内の中でも家賃の低い地域の1つですので、住まい選びに苦労してしまうという可能性は低いと言えます。

 

また、もう1つの理由としては上記でも述べた東武東上線や西武池袋線の存在です。

これらは、東京で最も利用者の多い駅の1つである池袋を通る路線ですから、非常に交通の便に優れています。

 

また、池袋からはJRや東京メトロなどさらに多くの路線に乗り換えることができますので、都内のどこに行くにも便利です。

こうした点から、上京する方は板橋区か練馬区を検討してみてください。